社長ごあいさつ

味の素トレーディング株式会社は、1954 年 ( 昭和29 年) に味の素株式会社のうまみ調味料「味の素®」や食品関連製品を輸出する“新日本コンマース株式会社”として設立され、以来、味の素株式会社のグローバルな事業展開とともに、インド、パキスタン、バングラデシュなど南アジア地域の市場開拓、海外工場への関連機材・設備の輸出、海外での原材料探索や調達、製品・原材料の日本市場への輸入など、60余年にわたり味の素グループの中核商社としてその事業を着実に拡大して参りました。

近年、食品関連の事業ではタイや中国など当社の持つ農産・畜産品主要メーカーとの幅広いネットワーク網を活用した、お客様との共同での食品素材調達や調理製品の委託製造、日本市場への輸入販売など、事業内容の多様化にも積極的に取り組んでいます。また、食品関連事業のほかにも医薬原料・医薬品、化粧品原料などの輸出入、合成皮革メーカー向けのユニークな化成品関連製品やそのチャネルを生かした機能性商品をグローバルに販売するなど、事業領域や取扱製品の内容も、より幅広いお客様のご要望に対応出来るようになっています。加えて、タイ及びカナダにある関係会社からもそれぞれ地域に根差した特徴のあるサービスと製品をご提供致します。

当社は、長年の経験で培った当社独自の企業価値(8つのコア・コンピタンスを活用し国内外に点在するビジネスチャンスを有機的に結び付ける“ビジネス・コーディネーション機能“)を最大限に発揮することで、これからも幅広いステークホルダーの皆様に対し、「常に変化する市場のニーズにスピーディー、且つ、柔軟に対応する、お客様に信頼される ”機能提供型商社“」 として更なる発展を目指して参ります。

私たちは、「食品・アミノ酸系の、日本から出発した世界企業」を目指す味の素グループの一員として、“食”と“健康”そして明日のよりよい生活に貢献します。

代表取締役社長